家電

ここでは、家電 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェンダーMEX

フェンダーMEXの’70ST使っている
σ(゚∀゚ ∬オレ


ゆ・・・指が・・・指がうごか~ん!!

(# ゚Д゚) ムッキー

なんてことになっているが、最近テレビを見ながらとか、フリースタイルの対戦チーム待ち状態とかの”集中できない時間”じゃなく、しっかりとギターだけに集中して練習している自分。

本来、始めからこうするべきだったと思うのだが、なかなか出来なかったのだ。

しかし、集中して弾くと上達の速度が桁違いだね~w

というか、集中していないときの上達速度≒0みたいな?w・・・・・ranking




超新鮮なゲーム・PC情報をもっと詳しく見たいならランキングを見よう・
ジャニーズ情報満載の殿堂でビックリ!
アイドル・芸能人の暴露秘話はここで探そう⇒【芸能人トップへ】
大学生ってなに考えているのか大学生ランキングでチェック!
萌え萌えのアニメ・コミックをお探しの方はこっちだよ~⇒人気アニメ・マンガ!

[メーカー気にせず買っちゃうけど問題ナッシングよっ!]の続きを読む
スポンサーサイト

光で起こす目覚まし時計

光で起こす目覚まし時計、本当に大丈夫?

普通目覚まし時計といえば、設定した時間にけたたましい音で鳴り響いて無理矢理起こすものですが、これは光で起こします。

これはオランダのフィリップス社が、人間の体が太陽の光を浴びることで目覚めることを応用して開発した目覚まし時計だそうです。

今月からフランスで先行発売を始めるとのこと・・・ranking

[音のならない目覚まし時計、おきれんのか?!w]の続きを読む

次世代ipod発売

次世代ipod発売:クリップみたいな超小型iPodShufjle

アップルコンピュータは13日、これまでより60%明るい2.5型カラー液晶ディスプレイを備えた新しい「iPod」を発売した。

HDD容量として30Gバイトモデルと80Gバイトモデルの2種類が用意されており、価格は30Gバイトモデルが29,800円、80Gバイトモデルが42,800円。カラーバリエーションは今までと同様にホワイトとブラックの2色となっている。

新しいiPodは、「iTunes7」および、動画やゲームなどを提供する「iTunes Store」とシームレスに連係できるのが特徴。

また、新しいサーチ機能やクイックスクロール機能により、探している曲を正確に見つけられるようになったほか、オートシンク機能によりPCに接続するだけで、所有するデジタルミュージックコレクション、写真、ポッドキャストを自動的にダウンロードし、iPod内部のコンテンツを常に最新の状態に保てるという。

さらに、ディスプレイの輝度を簡単に調節できる「ブライトネス・コントロール」の装備などによりバッテリー寿命を向上。

バッテリー駆動時間は、30Gバイトモデルで音楽再生が最長14時間・ビデオ再生が最長3時間半、80Gバイトモデルは音楽再生が最長20時間・ビデオ再生が最長6.5時間としている。

世界最小のデジタルミュージックプレーヤーとなる「iPod shuffle(アイポッドシャッフル)」を発表した。

価格は9800円で10月から発売する。

クリップのような外観はアルミ製で、1ギガバイトのフラッシュメモリーを搭載し、240曲を保存できる。

大きさは従来型と比べ約半分となる、高さ4センチX幅2.7センチX奥行き1センチで、重さは15グラム。

現在、アップルとソニーが携帯音楽プレーヤー市場において非常に高いシェアを持っているが。

ここでアップルが攻勢をかけてきたといえるだろう。


人気ブログランキング【ブログの殿堂】にほんブログ村 その他趣味ブログへ
気が向いたらクリックお願い致します♪






液晶テレビの売れ筋「AQUOS」

液晶テレビ、プラズマテレビ:薄型テレビの2つの選択肢と価格競争

液晶テレビの価格低下が著しいようだ。

とくに売れ筋の32型では30%以上も価格が低下している。

20万円台前半を推移していた2005年から僅か1年で15万円以下にまで落ちてきた。

メーカー、品質、地上波デジタルチューナーなどのこだわりが無いと言うなら7、8万円で購入できるほどだ。

プラズマテレビも液晶ほどではないが確実に価格が低下してきている。

プラズマと液晶。

プラズマシェア1位「VIERA」
どっちを買うか今非常に迷っている。

家の状態からいって、40インチ台に入ると置けない可能性が高い。

したがって32,37型の液晶か、37型のプラズマかということになっている。

解像度では液晶のほうが高いが、どうしても深い黒などの色や輪郭線、応答速度が付きまとうための動画ボケなどの要素もあるのは事実。

しかし、液晶の価格の下がり具合には魅かれることも事実。

なんども大型電気店などをまわって、自分の好みなものを探そうと模索中だけれども、そこは大型電気店。

実際に自分の部屋において見るのとは大分違うことは当たり前だ。

まぁもうちょっと値崩れしてくれることを期待しつつ、吟味を重ねながら、ちょっと待ってみることとしよう。

37型のフルハイビジョンプラズマ・・・技術革新しないかなw


人気ブログランキング【ブログの殿堂】にほんブログ村 その他趣味ブログへ
気が向いたらクリックお願い致します♪





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。