F-1

ここでは、F-1 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミハエルとアロンソ

ミハエル・シューマッハ・最下位転落から4位浮上、アロンソ・史上最年少連覇

やっぱり感動するなぁ、引退シーンとかは。

F-1史上最強王者ミハエル・シューマッハと史上最年少王者フェルナンド・アロンソの王座継承と言えるシーン。

史上最高の5連覇、7度の総合優勝と考えうる記録という記録全てトップに君臨した赤い皇帝の最後の走り・・・・・ranking




超新鮮なゲーム・PC情報をもっと詳しく見たいならランキングを見よう・
ジャニーズ情報満載の殿堂でビックリ!
アイドル・芸能人の暴露秘話はここで探そう⇒【芸能人トップへ】
大学生ってなに考えているのか大学生ランキングでチェック!
萌え萌えのアニメ・コミックをお探しの方はこっちだよ~⇒人気アニメ・マンガ!

[F-1GP、ミハエル・シューマッハとアロンソの王座継承に感動]の続きを読む
スポンサーサイト

ミハエル・シューマッハ

シュー、アロンソ10分間の“局地戦”…日本GP開幕、完全な2強

ドライバー、コンストラクターの両タイトルを小差で争うフェラーリとルノーが、フリー走行から激しい火花を散らした。

ルノーはジャンカルロ・フィジケラが1分34秒337でトップ、フェルナンド・アロンソが4位。

フェラーリはフェリペ・マッサが2位、あと2戦で引退するミハエル・シューマッハが3位。

初日から両チームとも、一歩も譲る気配はない・・・ranking






[赤い皇帝と青い王者、F-1鈴鹿GP予選ですでに2強状態]の続きを読む

会見するフェルナンド・アロンソ

アロンソ、チームの空中分解乗り越え鈴鹿で逆襲誓う

「優勝がかかっている選手を同僚が抜くなんてあり得ない。このチームにはボクを勝たせる気がないようにすら思えた」。

この日、会見に応じた王者が世界中のメディアを前にした公式会見で、衝撃発言だ。

中国GPで選手権を争うミハエル・シューマッハに敗れ、2位に終わった失意のアロンソが口にした痛烈なチーム批判。

総合優勝を争うこの時期にあり得ない言葉を淡々と並べた。

中国GPでは、アロンソは首位独走からタイヤ選択の問題でシューどころか同僚フィジケラにも抜かれ、一時は3位に転落。

フェラーリでは起き得ない、セカンドドライバーの先行。

自身の2度目のピットストップでは19秒もかかるルノーの大失態。

このことからアロンソは母国スペインのマスコミに対し、ルノーはドライバーズチャンピオンシップ獲得に積極的ではないと批判した・・・ranking

[F-1鈴鹿を前にルノー崩壊?!アロンソの過激発言で内紛勃発!]の続きを読む

ミハエル・シューマッハ

F-1:ミハエル・シューマッハ イタリアGP優勝後、今期を最後に引退を表明

F-1、フェラーリのミハエル・シューマッハがイタリアGPで優勝後、今期限りで引退することを発表した。

イタリアGPで途中でリタイアしたフェルナンド・アロンソには僅か2ポイントさにまで迫った。

今期、前半に大きくアロンソに離されたが、そのポイントもいつの間にか1レースで逆転できるところまで持ってきた。

通算90勝目の優勝会見での突然の発表に引退を惜しむファンからの声が飛んだ。

このレース2位のライコネンがフェラーリと09年までの契約を発表したためミハエルの引退が展開上伺えたが、事実そうなった。

F-1史上最強の王者であったことは間違いない。

引退表明:ミハエル・シューマッハ
イタリアGP終了時点で優勝 90回、年間総合優勝 7回、 ポールポジション 68回、 ポール・トゥ・ウィン 40回、 最速ラップ 75回、 1シーズンの優勝 13回、 獲得ポイント 1354ポイント、 表彰台 153回、 連続表彰台
(01年米国GP~
02年日本GP) 19レース連続、 連続入賞
(01年ハンガリーGP~
03年マレーシアGP) 24レース連続。

この全てが史上最多である。

今期もこれで6勝目。

ファンから見れば、まだ出来ると思うだろうし、まだ走っていてほしいと思うだろう。

しかし、会見のミハエルからは強い決意が感じられた。

引退理由について「年齢を重ねると、集中力を維持するのは難しい」と説明した。

残り3戦での逆転を狙う。

また、来期のフェラーリはフェリペ・マッサとの契約延長、キミ・ライコネンとの契約の発表を行っている。


人気ブログランキング【ブログの殿堂】にほんブログ村 その他趣味ブログへ
気が向いたらクリックお願い致します♪





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。