バレーボール

ここでは、バレーボール に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大逆転に沸くアリーナ

柳本ジャパン岡山ラウンド:ドミニカ共和国戦:2点差マッチポイントから大逆転勝利

女子バレーボール、ワールドグランプリ予選の岡山ラウンド初戦で”跳人軍団”と呼ばれるドミニカ共和国と柳本ジャパンがぶつかった。

圧倒的な身体能力を武器に、柳本ジャパンがストレート負けを喫した王者ブラジルを相手にフルセットまで縺れ込む接戦を演じたドミニカ共和国。

柳本ジャパンは3試合ぶりに大山を先発させ、ライトから攻撃に対してのブロックを強化して望んだ。

日本の連携と速さのバレーに対し、身体能力でブロックの上から叩き込んでくるドミニカのバレー。

試合はフルセットに縺れ込む大接戦となった。

大山加奈のスパイク
最終セット。

12-14と2ポイントリードされて崖っぷちに立たされた日本。

しかしここから驚異的な粘りを見せる。

相手のミスで1点差。

さらに相手のスパイクを拾いもぎ取った1点で同点。

勢い付いた日本はブロックポイントで1点リード。

マッチポイントで再び相手のスパイクを拾って繋いで打ち込んだ。

2点ビハインドのマッチポイントからの4連続ポイントで大逆転勝利。

決勝ラウンド進出にむけて、1歩近づいた。

この後の岡山ラウンド2戦は強豪イタリア、ブラジルと非常に厳しい戦いになることは間違いない。

あと1戦の勝利で自力での決勝ラウンド進出が決まることから、次のイタリア戦に大きな注目が集まる。



人気ブログランキング【ブログの殿堂】
気が向いたらクリックお願い致します♪



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。