競馬

ここでは、競馬 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の有馬記念が引退レースとなるディープインパクト、武豊騎乗

今年もやってきたオールスター、有馬記念 枠順確定してディープインパクト有終の美を飾れるか・・・

今年はクリスマスイブ決戦となった有馬記念が3日後に迫ってきたぞぉω

今年、凱旋門賞挑戦で3着になりながら薬物使用疑惑で剥奪が確実となっているディープインパクトの引退レースにもなる。

その後の天皇賞は回避するが、ジャパンカップでやっぱり強いことを魅せてくれたディープインパクト。

いや~ジャパンC最高でしたぁw

確実に圧倒的一番人気になるだろうが、昨年初黒星を喫したレースだけにどうなることやら。

中山競馬場は苦手って話もあるみたいだけど、たまたま去年の初黒星が中山の有馬記念だったってだけで、

Σ(゚Д゚;エーッ!

って感じの出遅れがあった皐月賞でも勝ったし問題ないでしょ?

とりあえず枠順が確定したようで、ディープは3枠4番となったようだ。

どこに入っても特に問題ない馬だとは思われるが、4番はなにやら過去の三冠馬皇帝シンボリルドルフ、シンザンが有馬記念で勝ったときも同じ4番であったらしい。

トウカイテイオーが有馬記念に勝って引退したときも4番だったらしい。

というわけでなにやら面白いデータが残っている4番での出走となったディープインパクト。

そのディープを単勝300万円の一点買いする男がいるようだ。

先日、ファン・ランダエタ相手にWBAライトフライ級王座を防衛した亀田興毅だ。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

と思ってしまうが、確か凱旋門賞のときもディープインパクトを超高額一点買いした日本人がいたらしいが、今回はさすがに当たるかなw

追い切りで好タイムを記録したアドマイヤメイン、柴田善臣騎乗
昨年負けた因縁のハーツクライはもういないが、今年は2年連続の三冠馬誕生!?

と、期待されたメイショウサムスン他に狙われる立場。

香港ヴァーズで大敗したアドマイヤメインは柴田善臣が大逃げ宣言しているわぁw

そういう競馬じゃないと楽しくないでしょ?

とか言いながらしてやったりを狙っている感じで、そうなるとペース的にも面白そう。

去年のハーツクライのように粘って粘って逃げ切れるか・・・結構面白い展開になることを期待している。

はぁ・・・

芦毛の強い馬現れないかな~w

う~ん・・・オグリキャップみたいなのがいいなぁ~w

今年最後のオールスター競争GⅠ有馬記念。

とりあえずディープインパクトに有終の美を飾ってもらおうかな。

アドマイヤメインが大逃げするんなら・・・

ディープインパクト→ダイワメジャー
ダイワーメジャー→ディープインパクトでw

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!


大学生ってきっと一番本気になれる時だよ⇒大学生ランキングでチェック!
超新鮮なゲーム・PC情報をもっと詳しく見たいならランキングを見よう・
ジャニーズ情報満載の殿堂でビックリ!
アイドル・芸能人の暴露秘話はここで探そう⇒【芸能人トップへ】
やっぱりスポーツって見てるだけでオモロイ⇒最新情報チェック!GOGO!
萌え萌えのアニメ・コミックをお探しの方はこっちだよ~⇒人気アニメ・マンガ!


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
気が向いたらクリックお願い致します♪


/////
スポンサーサイト

3着で入線したディープ

ディープ仏で薬物違反…国内レース出走可能も凱旋門賞失格か

世界最高峰のレースのひとつに数えられるフランス・凱旋門賞。

その凱旋紋賞3着のディープインパクトから禁止薬物が検出されたということで、日本に激震が走った。

一部の人(というか多くの人?)からはディープインパクトに看板レースを持っていかれると思ったフランス関係者の陰謀説まででるほど・・・ranking







[ディープインパクトは”はめられた”?凱旋門賞で禁止薬物、失格か]の続きを読む

朝焼けのターフを走るディープインパクト

ユタカが世界制覇を確信!ディープは「今年一番のデキ」

“自信”が“確信”へと変わった。

日本のスーパージョッキーが見せた晴れやかな笑顔が、世界制覇への確かな手応えを雄弁に物語っていた。

「本当にいい動きでしたね。今年、ボクが調教で乗った中では、間違いなく一番。ここまで順調にこれたことが、本当に嬉しいです」

国内外のテレビカメラ5台、報道陣約70人。熱気に満ちた特設会見場に現れた武豊騎手は力強く“絶好調”を宣言した。

ディープインパクトは今年、阪神大賞典で復帰戦を飾り、天皇賞・春を3分13秒4(良)のレコードV、宝塚記念も4馬身差の圧勝と再び無敗ロードを歩んでいる。

最終調教は午前8時45分、シャンティー・エーグル調教場の芝コースで行われた。

ユタカを背にしたディープは、本番前日のGIIダニエルウィルデンシュタイン賞(30日、ロンシャン、芝1600メートル)に出走する帯同馬ピカレスクコート(栗・池江寿、牡4)を先頭、真ん中にラフォンパリアス厩舎所属馬で3頭併せ。互いに4~5馬身ほどの間隔を取り、最後方から追いかけた。

無理せずマイペースで進め、残り400メートルでギアチェンジ。鞍上の軽い仕掛けに一気にかわし去る。

最後はムチを入れられることもなく、2馬身以上も突き放した。

現地の追い切りでユタカが手綱を取るのは、今月7日の“3週前追い”、13日のロンシャン競馬場でのスクーリングに続き3度目。

日本では1週前追い切りのみ騎乗するのが最近のパターンだが、世界最強馬を決める特別なレースだけに、自らの手で最後の仕上げを施した。

ユタカは94年ホワイトマズル(6着)、01年サガシティ(3着)以来となる凱旋門賞。

ロンシャン競馬場

無敗3冠を達成し、“世界でこの馬より強い馬がいるのか”と思えるパートナーと臨むだけに、心に期するものがある。

またロンドンのブックメーカーで、日本人とみられる男性が、ディープインパクトの勝利に現金で1万6000ポンド(約360万円)を賭け、話題になっている。

単勝オッズ5倍で引き受けた世界最大規模のブックメーカー、英ラドブロックは、凱旋門賞での賭け金として1万6000ポンドは「現金での最高額」と驚く。

男性はディープが勝てば、8万ポンド(約1800万円)を手にする。

ラドブロックによると、男性は30代後半で、出張途中のビジネスマン風。

6日にロンドン中心部の同社支店に現金を持参。

英語は一言も話せない様子で、付き添いの女性が通訳し、英国での賭けも初めてのようだったという。

書類に書かれた名前は実名で日本人とみられるが、同社は公表していない。

賭けの成立で、同社のディープインパクトの単勝オッズは下がり続け、日本時間午後6時現在3・75倍でシロッコと並び2番人気になっている。

1番人気は3・5倍のハリケーンラン。



人気ブログランキング【ブログの殿堂】
気が向いたらクリックお願い致します♪




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。